ワキガのにおいにはすりりんご・りんご酢・酢のお風呂で良くなる

ワキガのにおいにはすりりんご・りんご酢・酢のお風呂で良くなる

 

最近はワキガの研究が進んで、なぜワキガのにおいがするのかその仕組みが分かりつつあります。

 

その研究によるとワキガのにおいは体内の脂質の代謝に関係するアポタンパクというたんぱく質が原因で、これを抑えることができればわきがの臭いを極力最小限にすることができるということが分かりました。

 

このアポタンパクの量減らすのがりんごの繊維だといわれています。
そのためワキガの臭いを治すにはリンゴを使うと効果的です。

 

すりりんご湿布

一つ目はすりりんごの湿布です。
りんご1個うんすりおろしてそれをしぼります。
絞ったかすをハンカチなどに包んで脇の下に5分ほど挟みます。

 

すりりんごの湿布は腐敗しやすいので必要な時に必要な分だけを作ってすぐつく使うようにします。

 

りんごは外側から対策するだけではなく、体の中に取り入れることでもワキガ対策をすることができます。

 

リンゴ酢を飲む

リンゴ酢がその良い例です。
リンゴと酢はどちらも消臭効果を持っていて、両方使うことでさらに効果的にワキガの臭いを解消できます。

 

作り方はまずりんに1センチサイズに切ったリンゴに酢をひたひたになるまで入れます。
そして暗いところで3-4週間ほど放置し、酢が茶色くなってきたら出来上がりです。

 

酢はそのままのものではなく水で割って一日コップ一杯程度を飲んで行きます。
これは飲み物としてだけではなくドレッシングとしてそのものとしても使うことができます。

 

ですので、特にワキガ臭が強くなる夏は、りんご湿布とリンゴ酢を使って内側からと外側からワキガの臭いの対策をすると効果的です。

 

リンゴスプレー

もう一つの方法にリンゴスプレーという方法があります。
りんごのエキスを使ってデオドラントを自分で作ることができます。

 

まずレモン1個を絞ってボールに入れてその中に皮を剥いたりんご1個をすりおろして入れてガーゼで絞ります。
絞り汁にミョウバンを小さじ一杯程度入れてかき混ぜて出来上がりです。

 

これをスプレーの容器に入れてお風呂上がりなのに脇の下にスプレーします。
レモンのにおいが気になる場合は10分程度待って拭き取ったり洗い流したりします。
保存期間は約1週間から2週間程度です。

 

酢のお風呂

酢のお風呂に使うことつかることでワキガの臭いや体の臭いが緩和できます。
血液の巡りが悪くなったり食事のバランスが崩れたり、ストレスが溜まったり疲れが溜まったりすると乳酸が体内に増加します。

 

この乳酸増えると体内が酸性に傾いて感染の中にアンモニアが増えて汗が強いにおいになってしまいます。

 

さらにこの様な状況で動物性の脂質をたくさんとっているとき、皮脂腺の動きが活発になり過酸化脂質という物質を増やしてそれも臭いの原因になります。

 

酢のお風呂が効果的な理由

酢には血液の巡りを良くしたい雑菌の繁殖を抑えたり汗腺の機能を正常化させてくれる昨日があります。

 

そして酢に入っているクエン酸は殺菌効果があって皮膚表面を弱酸性に保って雑菌の繁殖を抑えてくれます。

 

そしてクエン酸が体内に吸収されるとアンモニアと乳酸の生成が抑えられて汗の臭いを緩和することができますので、この様な体臭やワキガの臭いに効果的なのです。

 

酢を使ったお風呂の方法

お風呂のお湯を180リットルとすると食酢であればコップ一杯黒酢であればおちょこ一杯も用意します。

 

そしてお風呂の中に入れます。
そのお風呂につかって、後で水で洗い流してにおいを取ります。

 

入る時はぬるめのお風呂に長く浸かることが体によいですが、酢の持っている効果で皮膚がふやけて汗を出しにくくなってしまいます。

 

そのため長くお風呂に浸かっていたい場合は塩を大さじに3杯入れて皮膚がふやけるのを防ぎます。
塩を入れると金属が錆びやすくなってお風呂場が錆びてしまうことがあるのですぐに置いをすれて払うことが必要です。

 

1週間程度をその風呂に入り続けると汗のにおいやワキガのにおいが少しずつ良くなっていくのが分かると思います。