ストレスで加齢臭や体臭がきつくなる

ストレスで加齢臭や体臭がきつくなる?その仕組みと消す方法

 

年齢が上がると誰しも加齢臭がするようになります。
加齢臭はノネナールという物質が原因で起こります。

 

このノネナールはパルミトレイン酸が過酸化脂質と結びついて作られる物質で体内に活性酸素が大量に発生した時にたくさん作られます。

 

これがストレスや疲れと密接に関係しています。

 

ストレスと加齢臭の関係

  1. ストレスが多いと体内で活性酸素が沢山発生します。
  2. そうすると皮脂腺中に過酸化脂質脂が増加します。
  3. そうするとノネナールの量が増えていき加齢臭が強くなっていきます。
  4. 臭いが気になり更にストレス

 

ストレスが強くなったり自分で加齢臭を気にして気に病んでいると、それが更にストレスなってまた活性酸素がたくさん作られ、過酸化脂質が増加するという悪循環になってしまいます。

 

つまり加齢臭を減らす体の臭いを減らすためには、ストレスを上手に解消していくことが早道なのです。

 

外側からできる方法

ストレスを上手に対処をすることが大切といっても急に仕事を減らしたり、人間関係ストレスがなくなるわけではありません。

 

ストレスを減らすストレスを書く上手に解消するということはとても難しいことです。
であれば外側から対策をすることで加齢臭や体臭を抑えていきたいと思うのも無理はありません。

 

ひとつの方法は食べる肉類の脂質を減らすことです。

 

食事の改善

ストレスで加齢臭や体臭がきつくなる?その仕組みと消す方法

そもそもノネナールの原因となる過酸化脂質は食べたものからできています。
特ににくいの脂質をたくさん取ると皮脂腺が刺激されて過酸化脂質が多く作られてしまいます。

 

ですので、まずは肉量減らしてたんぱくな食生活にすることが大切。そして脂肪を酸化させてしまう活性酸素を減らす食べ物食べることも大切です。

 

それは抗酸化作用のある食べ物です。
例えばビタミンCやビタミンEがたくさん含まれている野菜を食べると活性酸素を減らすことができます。
そして抗酸化力なる食べ物を食べることで活性酸素で受けた細胞のダメージを修復することができます。

 

抗酸化力の高い物質が含まれている食べ物としては、緑茶のカテキンやゴマに含まれているセサミノール、大豆に含まれているイソフラボンや赤ワインに含まれているポリフェノールなどが挙げられます。

 

加齢臭を取り除く対策

それ以外に消臭効果の高い緑茶カテキンや柿タンニンなどのエキスが含まれている加齢臭対策用の石鹸を使ったり、皮脂の分泌量減らすために汗止めを使ったりする方法も考えられます。

 

ミョウバンタオル

まだ家庭で気軽に出来る方法としてミョウバンを使ったタオルで汗を拭くという方法があります。
ミョウバンには汗を止める作用や殺菌する作用があって、市販のデオドラントにも使われています。

 

自宅で作る方法は水2リットルに50gのミョウバンを入れて溶かし効果を高めるのであれば緑茶を追加します。

 

それをスプレー容器に入れてにおいが気になるところに吹きかけたり、お風呂の時に全身にかけたりそして、外出先の対策としてはジッパー付き袋にこのミョウバン水を染み込ませたタオルを用意しておき、汗をかいた時に尿部分を拭くという使い方もできます。