健康なうんちとは

うんちが臭くなる3つの原因!どんな便なら健康なのか

 

うんちには健康なもの不健康なものがあります。
良いうんちを出せない、悪玉菌の多い腸内環境だと臭いおならうんちの臭いが強くなってしまいます。

 

良いうんちは水分が80%残りの20%が食べかすや腸内細菌、剥がれた腸粘膜などです。

 

食べかすや腸内細菌、剥がれた腸粘膜などの物質はそれぞれ7%ずつになっています。

 

良好な腸内環境で出来たうんちは柔らかすぎず硬すぎず、そしていろも黄色っぽくて黒くなく力まなくてもずっと花のように出ます。

 

臭いうんちが出る場合に考えられる3つの原因

便を作る力

まず考えられるのは便を作る力です。
便の材料は食べかすです。
便の中では7%と多くはありませんが、内容によって便の大きさや量に大きく関係してきます。

 

食事で水分を吸収する食物繊維が少なくなると便が固くなって便秘の原因になります。

 

そして動物性食品や動物性脂質が多く含まれる食べ物を食べると、腸内の悪玉菌の餌をたくさん与えていることになり悪玉菌、大腸菌やウェルシュ菌などが多くなります。

 

そうすることで便が腐敗してしまい悪臭のするを斜めになってしまいます。
良い便を作るためには野菜や果物、海藻やキノコなどをバランスよく食べることが大切です。

 

日本人は多くの方が食物繊維が基準摂取量に満たしていないので胚芽ご飯を食べたり押麦を食べたりするなどして、食物繊維を炭水化物で取っていく必要があります。

 

便を育てる力

もう一つは便を育てる力です。
腸内には善玉菌と悪玉菌がいます。
善玉菌はビフィズス菌などで発行することで良い点を育てていきます。
逆に悪玉菌が繁殖していると悪い便ができてしまいます。

 

ですので、善玉菌の働きを活発にさせることが必要。そのためには善玉菌を食事から摂取することと善玉菌を育てる餌を食べることが大切です。

 

まずヨーグルトや乳酸菌飲料などでビフィズス菌を摂るようにします。

 

ただしビフィズス菌は胃の中に入ってペプシンで多くの場合殺菌されてしまいますので、腸に届く工夫をしないといけません。

 

そしてビフィズス菌を取るだけでなく、ビフィズス菌を育てるためにビフィズス菌が好んでいるオリゴ糖が含まれている食べ物、例えば納豆や豆腐やアスパラガス、蜂蜜などをたっぷりとることをおすすめします。

 

排便する力

もう一つは排便する力です。
いくら良い便を作っても排出する力が衰えていると腸内に長く止まり続けて硬くなってしまいます。

 

まず腹部の筋肉をしっかりとつけることが大切です。
腹部の筋肉をつけると腸の働きが良くなり出す力が強くなります。

 

そのために激しい運動する必要はありません。
息が弾む程度の速さで歩くことウォーキングをすること
お腹周りの筋肉が鍛えられるストレッチをすること
この二つを注意する事で出す力をつけることができます。

 

まとめ

  • 便を作る力
  • 育てる力
  • 出す力

この3つを整えることで良いうんちになって行き、便の臭いそのものやおならの臭いを抑えることができます。

 

そして早く便を出すことで有毒物質が体の中に溜まることを抑えることができます。