無臭の体臭になるには?バランスの良い食生活が基本

無臭の体臭になるには?バランスの良い食生活が基本

 

食べ物は体臭や口臭ワキガのにおい、便の臭いなどはその人の食生活と深く関わりがあります。

 

確かに口臭の場合、虫歯が原因で起こっている場合は食べ物と全く関係ありませんし、ワキガは遺伝するので完全に食べ物で改善することはできません。

 

ですが、内臓が原因なっている口臭やワキガ体質の方であっても食物を改善することでにおいをましにすることは出来るのです。

 

無臭の体臭になるには?バランスの良い食生活が基本

 

ワキガの場合皮脂腺から分泌される皮脂やアポクリン汗腺から出る汗が臭いの原因なります。
このような皮脂腺からの分泌物は動物性食品の脂質をたくさん食べることで活動が活発になりよりたくさん皮脂が出るようになります。

 

そうすると元々の体質以上にワキガ臭が強くなってしまいます。
余計にワキガ臭が強くなってしまいます。

 

またニラやニンニクの様なにおいの強いものも体内に吸収された後体のにおいそして広がりますので、やたらと食べるのは考えものです。

 

酸性とアルカリ性のバランスを整える

動物性食品を控える、にらやにんにくのようににおいの強烈な食べ物を控えるといった方法以外に、酸性とアルカリ性のバランスに気をつけることも必要です。

 

体が酸性に傾くと抵抗力が落ちて体の不調や病気になってしまいます。

 

健康な人の血液はph7.36から7.44ぐらいの弱アルカリ性に保たれています。
ですので、健康を保つためには弱アルカリ性に体を保つことが必要なのです。

 

そのため食生活ではアルカリ性の食べ物、緑黄色野菜や大豆、きのこなどのアルカリ性食品を食べると良いといわれています。
青汁などもその良い例ですね。

 

一方肉類などは酸性食品になります。
肉類などをたくさん食べ過ぎると体が酸性に傾いてしまいます。

 

ですが、アルカリ性のものばかり食べれば良いかというとそうではなく、どちらに傾いても体には不調を起こしますので、偏った食生活をするのではなく栄養バランスを考えていろいろな食品からカロリーや栄養素を摂ることが大切です。

 

胃腸のことを考える

体臭や口臭を考える上では胃腸のことを考えることは大切です。
胃に負担をかけたり腸に負担をかけると食べ物が腐敗して全身の悪臭になります。

 

胃腸の調子は体臭や口臭に直結してるともいえるものです。
食事は熱すぎ、冷たすぎるものをさけ、薄味のものを食べます。
そして腹八分目に止めて満腹にならないようにします。

 

そして就寝3時間前までに食事を終えておくこと、そして柔らかいものばかりでなく硬くて何度も噛まないといけないものもたくさんとっていく必要があります。

 

お酒は絶対にダメではありませんが、節度を持って飲むことが大切で、タバコは体内では分解されにくい物質がたくさんできてそれが体臭の原因なりますので、出来れば吸わない方が良いものです。