緑茶カテキンで汗や尿の臭いを改善できる?その仕組みと取り入れ方

 

お茶はいくつか種類があり緑茶や紅茶ウーロン茶などがあります。
どれもお茶の葉を使っていて全く同じ原理を使っています。

 

ですが、製造過程が違ってそれぞれ含まれている成分なども異なっています。
体の臭いの対策にもそれぞれのお茶の特徴があり効果も異なっています。

 

一番効果が高いのは緑茶です。

 

緑茶にはフラボノイドやカテキンという成分が含まれていて、カテキンは体内でにおい物質を作られる過程をストップしてくれたり、抗菌作用も強く雑菌を殺菌することができます。

 

フラボノイドには消臭効果があってカテキンに加えて体臭対策に効果的です。

 

緑茶を効果的に取るには

緑茶のカテキンやフラボノイドは消臭効果が強いということが分かったところでたくさんとりたいところですが、緑茶にはカフェインが合わせて含まれていてこれがおしっこの量を増やしてしまう作用を持っています。

 

そのため緑茶をガブガブ飲むとカフェインの摂り過ぎになって神経が過敏になってしまったりトイレが近くなってしまったりするなどデメリットが生じます。

 

それではどうやって緑茶カテキンを摂取したらいいでしょうか。
効果的な方法としてお茶の出がらしを口の中に入れても無もの噛むという方法があります。
緑茶を入れた後お茶っぱをせずにとっておきそれを口の中に入れてもぐもぐとが胸に噛みます。

 

そうすることで口臭を素早く消すことができます。
しかしこれは口臭の話、汗の臭いや体臭を緩和するためにはやはり緑茶を飲む必要があります。

 

緑茶の成分をたくさんとりたい場合は緑茶を買ってきて小型のミキサーで粉末にします。
抹茶のように細かくするとそれをお茶碗に入れてお湯を注ぐだけでカテキンが濃い緑茶を作ることができます。

 

汗拭きタオルに緑茶を使う

もう一つの方法に汗拭きタオルに緑茶を使うという方法があります。
濃いめに出した緑茶にタオルをつけて40度ほどに下がるまで待ちます。

 

その後タオルを絞って汗をかいたところやにおいが気になるところを拭きます。
そうするとカテキンの成分が体について臭いを消すことができます。

 

この方法であれば体内に取り込まないのでカフェイン取り過ぎになってしまう心配がありません。
また緑茶を使っお風呂に入るのも効果的です。

 

クロロフィリン

緑茶カテキンで汗や尿の臭いを改善できる?その仕組みと取り入れ方

 

緑茶と合わせて注目したいのがクロロフィリンです。
クロロフィリンはガムなどの着色料として使われている葉緑素で安全なものです。

 

このクロロフィリンには消臭効果があり、

  • 腐った玉ねぎの様な臭いがするメチルメルカプタンを87%、
  • 腐った卵のにおいがする硫化水素を95%以上、
  • アンモニアやワキガなどに起こるアンモニアを60%、
  • 汗のにおいに含まれるアセトアルデヒドを50%カット

するという効果があることが分かっています。

 

クロロフィリンはサプリメントでしか取ることができませんが、緑茶を飲んだり緑茶のカテキンが含まれているタオルで体を拭いたりする以外に骨のサプリメントを取る程度のひとつの方法だと思います。