なぜ酢が悪臭に効くのか?酢を使った部屋の臭いの解消方法も紹介

なぜ酢が悪臭に効くのか?酢を使った部屋の臭いの解消方法も紹介

 

酢が悪臭に効く理由すの基本的な効果は5つあります。

 

  1. 浸透して剥がしやすくする効果
  2. 雑菌の繁殖を抑える効果
  3. アルカリ性の臭いを中和する効果
  4. 石鹸の成分を中和して自分に還る効果
  5. 水素イオンの力で金属のサビを落とす力

 

このように酢が持っている力は様々あるのですが、酢は料理でも使えるぐらい安全なものです。効果もマイルドです。

 

ですので、カビキラーの様にすぐに落とすことは出来ないのですが、日常的に使っていることで汚れがを防ぐといういわは予防的な使い方をします。

 

酢のスプレー

一つ目の使い方ガスのスプレーです。
プラスチック容器を一つ用意し酢1に対し水を2入れてよく混ぜ合わせます。

 

これを汚れが気になるところにスプレーして行きます。

 

例えば石鹸カスが残っているお風呂場、カビが出やすいタイルのゴムの部分、トイレにはアルカリ成分であるアンモニアがついて黄ばみの原因なりますが、これも酢の酸性の力で中和して行きます。

 

酢のパック

もう一つの方法ガスのパックです。
蛇口には水垢が付いています。
この水あかは酢のスプレーよりも酢のパックの方が効果的です。

 

ティッシュペーパーやキッチンペーパーに酢をしみこませて水垢の部分に貼り付けます。
30分以上放置してから擦り落とします。
溜まってしまうとしつこいですが、酢には剥離効果があるので比較的簡単に取ることができます。

 

または入れ歯の汚れを取るのにも効果的です。
食品ですので、口に入ったとしても安全です。
入れ歯が入るコップを用意してそう大さじに入れてお湯を浸します。

 

一晩つけた後に歯ブラシで軽くこすります。