コーヒーが便やおならの臭いの原因に?

コーヒーが便やおならの臭いの原因に?便臭や便秘との関係性

おならをしたら自分でもびっくりするほど臭かったそんな経験が誰しもあると思います。

 

気をつけていてもおならはつい出てしまいます。
そして音がするだけでなく悪臭がすると周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

 

どうすれば臭いを少なくすることができるのでしょうか。

 

便秘を解消すること

まず便秘を解消することが大切です。

 

便秘をしていたり腸内の環境が悪くなっていると体の中にとって不要なものが長くとどまることになります。

 

そうすると異常だけでなく体にとっても害があります。
そしてそのように異常発酵してしまう場合は悪玉菌がたくさん繁殖していて便を腐敗させてしまいます。

 

水分を取って便秘を解消

便秘を解消するために大切なことは水分をよく取ることです。
水分をとることで便に含まれる水分が増えて便秘を解消できます。

 

ですが、水分ならなんでもいいというわけではありません。
逆効果になってしまうこともあります。

 

アルコール飲料

コーヒーが便やおならの臭いの原因に?便臭や便秘との関係性

まず顕著なのがアルコール飲料です。
アルコール飲料は利尿作用があって飲むと体の中の水分を出すようにする働きが強まってしまいます。

 

そうするととった水分よりも出て行く水分が多くなって、結果的には体が脱水症状近くなり当然便に含まれる水分の量が減ってしまい便秘傾向になります。

 

アルコールを水代わりに飲む方はいないと思いますが、アルコールを飲み過ぎた次の日は水分が少なくなっていて、便秘になりやすいということに注意しておく必要があります。

 

コーヒーや紅茶・緑茶

コーヒーが便やおならの臭いの原因に?便臭や便秘との関係性

コーヒーや紅茶緑茶なども実は逆効果になることもあります。
コーヒーや紅茶や緑茶に含まれているカフェインは実はアルコールと同じく利尿作用があります。

 

そのためたくさんとっても飲んだ分がおしっこになってしまい、体の中の水分が不足してしまいます。

 

緑茶はカテキンというポリフェノールが含まれていてそれが臭いを解消してくれることが知られていますが、やはり取り過ぎてしまうと水分が減少して便が硬くなりそれがもとになって便秘になっておならが臭くなってしまいます。

 

そのため水分を取る時にはカフェインが含まれていないミネラルウォーターや番茶麦茶などを飲むことをおすすめします。

 

水分をしっかりとって便秘が改善されてくると臭いおならや練習もなくなっていきます。