天然の抗菌成分「ホタテ貝殻水」

天然の抗菌成分「ホタテ貝殻水」の酸化カルシウムで足の臭いを消す

 

天然成分の消臭剤
蒸し暑くなってくると足の臭いが気になる方が増えてきます。

 

足の臭いを防ぐスプレーなどもたくさん販売されていますが、できれば天然成分で足の臭いを消したいと思うのではないでしょうか。

 

最近注目されているのがホタテの貝殻水です。

 

天然の抗菌成分「ホタテ貝殻水」の酸化カルシウムで足の臭いを消す

ホタテの貝殻には強い抗菌作用を消臭効果があることがわかりました。
ですが、貝殻をそのまま消臭剤として使うことはできません。

 

そこで貝殻を細く粉砕して特殊な方法で高温で焼いて作ったのがホタテ貝殻セラミックスです。
それを天然水に溶かしたものがホタテ貝殻水、最近では通信販売ネット販売で手軽に手に入れることができるようになりました。

 

ホタテ貝殻セラミックスには抗菌作用、消臭効果それ以外に防虫効果や、有害物質を分解してくれる効果など様々な効果があります。

 

足の臭いを消す以外にも抗菌作用をとして使ったり化学薬品有害物質を分解する効果があることから、野菜の農薬を落とすために野菜の水洗いに使ってる方もいますし、果物や野菜についた定着液を取る目的で取って使っている方もいます。

 

雑菌を殺す働き

 

靴の臭い足の臭いの原因は

  • 靴の中で汗をかいて蒸れてしまうこと
  • 湿度が高くなること
  • 高温でバクテリアがたくさん汗を分解してしまうこと

バクテリアは汗や皮膚のフケなどを餌として分解して、イソ吉草酸の様な嫌な臭いのする物質を作り出します。

 

水虫菌も同じで垢や汗などを分解して悪臭もする物質を作ります。

 

ホタテ貝の貝殻水は強い殺菌効果があるのでこのようなバクテリアの繁殖を抑える働きがあります。

 

なぜホタテ貝の貝殻にはどんな効果があるのでしょうか。
それは酸化カルシウムが含まれていて強いアルカリ性を示すからです。

 

強いアルカリ性のある物質は通常皮膚にダメージを与えてしまいます。
ですが、ホタテ貝殻セラミックスの場合は強いアルカリ性にはならず害がありません。

 

実際に実験も行われていますが、水と同じ刺激性ということが分かっています。

 

ホタテ貝殻水の使い方

1日に3回ホタテの貝殻水を足や靴下にスプレーするだけです。
これだけで足の臭いがかなり弱くなります。

 

この優れた殺菌作用で水虫が治った足の臭いが消えたという方もいます。

 

有毒物質を洗い流す

効果貝殻粉末にはもう一つの効果、有力物質を洗い流す効果があります。

 

農薬や化学物質は水に溶けないので水洗いしてもほとんど取れませんが、貝殻粉末はカルシウムでできていて、水に溶かすと水酸化カルシウムという強いアルカリ性の物質になります。

 

それが農薬や有害物質を分解して水と一緒に洗い流します。

 

水道水で洗ったものより痛みが少なく、カビや雑菌なども洗い流すことができるので食品の持ちが良くなるという効果もいえることができます。

 

毒性はないのか

貝殻粉末には毒性はありません。
原料が天然の貝殻ですので、体に入っても害はありません。

 

アルカリ性の物質は通常皮膚や体に影響を与えますが、貝殻粉末は皮膚のテストで刺激性が蒸留水と変わらないということが分かっています。

 

蒸留水と同じ刺激性しかないということが分かっています。