汗をかかないのが体臭の原因?汗腺トレーニングで汗のにおいを良くする

汗をかかないのが体臭の原因?汗腺トレーニングで汗のにおいを良くする

 

良い汗をかくという言葉を聞いたことがありませんか。

 

いつもエアコンにあたっていると暑いところに出た時に汗をかけなくなり、汗をかいてもじっとりとしたベトベトした汗をかくようなってしまいます。

 

じっとりベトベトした汗はミネラル分や脂質などを含んでいてベトベトしており臭いやすいものです。
そのため汗をかけないということで体臭が強くなることもあるのです。

 

その対策に考えられるのが汗腺トレーニングです。

 

汗腺トレーニング

汗腺トレーニングをするとエクリン腺からのサラサラとした汗をたくさんかけるようになり、汗がベトベトしなくなり汗の臭いで悩むことがなくなります。

 

汗腺トレーニングをするにはスポーツをしたりサウナで汗をかくのもいいと思いますが、毎日続けるのは難しいものです。

 

特に夏場は熱中症の危険性がありスポーツをすると危険な場合もあります。
サウナは汗を健康的にかけるところですが、毎日行くとなると大変です。

 

それでは家で汗腺トレーニングをするにはどうしたらいいでしょうか。

 

高温で手足浴

まずは高温で手足を浴槽に浸かります
手足浴というのは湯船の1/3ぐらいを入れて、熱めのお風呂43度から44度ぐらいを入れます。

 

そしてお風呂用の椅子置いて膝下と腕先を10分から15分ほどつけます。
手足にはあってもあまり汗をかかないおやすみ状態の汗腺がたくさん存在しています。
ですので、汗腺機能を鍛えるためにはこのように集中的に高温で温めるのが最適です。

 

ぬるめのお湯で半身浴・全身浴

次に行うのはぬるめのお湯で半身浴・全身浴を行うことで、すぐに水かぬるま湯を入れて36度ぐらい10分から15分ほどつかります。

 

高温のお湯で高まった交感神経を鎮める役目をするためのものです。
この時湯船にコップ一杯の酢を入れるとワキガの臭いや体の臭いを消し去る事ができます。

 

そしてお風呂上がりリンゴ酢や黒酢クエン酸などのドリンクを意識的に取るのもおすすめです。

 

お風呂上がりの方法

お風呂上がりには自然に汗が蒸発するまで洋服を着ないようにします。
扇風機やエアコンで体を冷やすのもNGで裸の状態で汗が止まるのを待ちます。
くつろぎながら生姜ドリンクなどで水分補給をすると汗腺の機能さらに上がります。

 

生姜ドリンクというのはすりろした生姜の汁にはちみつや砂糖を加えて作った飲み物です。
このような汗腺トレーニングを最低一週間、できれば2週間程度を行ってみて下さい。
そうすると毎日汗腺機能が高まって、良いか汗をかけるんだっていくのが分かるでしょう。

 

自律神経の状態も安定してくるので気温の変化に早く対応して、汗をさっとかけるようになります。

 

乾布摩擦の方法

汗をかかないのが体臭の原因?汗腺トレーニングで汗のにおいを良くする

 

手足浴や全身浴半身浴をする時間がないという方はタオルで乾布摩擦をすることで対応することも可能です。

 

乾布摩擦というのは腕・脚などの皮膚を毛の流れに沿って5分から10分ゴシゴシとこすることで熱くなるまでこすることで入浴したときと同じような効果を得ることができます。

 

職場は冷房が強くて辛いと思いますが、そのような時にタオルを1枚持っていき乾布摩擦をするのもおすすめです。