緑茶の成分カテキンの効果

カテキンは緑茶に入っている成分の一つ
昔から長寿の薬と伝えられてきました。

 

取り分け注目されているのが、カテキンのもつ殺菌作用

 

エアコンのフィルターや冷蔵庫の氷を作る機械の抗菌フィルターとして使われていることから、その効果が感じられます。

 

緑茶は殺菌作用だけでなく、体臭にもいいといわれていますが、本当なのでしょうか。
どんな仕組みでにおいを消してくれるのでしょうか?

 

カテキンが取れる緑茶

 

カテキンサプリの体臭予防効果!においを消す仕組みとは

 

そもそもカテキンは緑茶から取られる成分です。
緑茶といえばカテキン、
なんと緑茶の重さの2割が「カテキン」でできているそうなんです。

 

そして緑茶には、カテキンだけでなく、テアニンやビタミンCといったカテキン以外の抗酸化成分ももっている優れもの

 

カテキンはポリフェノールという抗酸化物質のひとつで、酸化を防ぐ作用があります。

 

酸化を防止してくれるカテキン

 

酸化を防ぐといえばアンチエイジングを思い浮かべがちです。

 

しかし酸化は体臭とも密接に関係しています。

 

体臭の元になるノネナールは体内の酸化で作られています。
ノネナールは体臭や加齢臭のもとになり、体内の酸化で作られます。

 

体内の物質の酸化をさせるのが活性酸素というもの
体臭成分は、体の中の活性酸素の働きが強いときにたくさん作られます。

 

ですので、カテキンのような抗酸化作用がある成分を取ると、体臭の元になる嫌なニオイを抑えることができるのです。

 

さらにカテキンには、ガン抑制作用、成人病予防作用、老化防止、コレステロールや動脈硬化を防ぐ作用など様々な研究結果が出ています。

 

取るべき必要量

 

加齢臭や体臭を抑えるには、どのくらいのカテキンを摂取するといいのでしょうか

 

正解は1日500mg
緑茶1杯には、約50mgのカテキンが含まれていますので、10杯に相当します

 

こんなにたくさんのお茶を毎日飲むことはできません。
緑茶には、胃痛の原因になるカフェインも入っているので、1日10杯の緑茶を取ったら胃が痛くなってしまうでしょう。

 

どうしたらこの量を取ることができるでしょうか。

 

それはカテキンのサプリメントです。
カテキンサプリは緑茶からカテキンだけを取り出して加工しています。
テアニンやカフェインといったほかの成分を含んでいないので純粋にカテキンだけを取ることができます。

 

これなら安心して飲めますね。そして1日数粒でいいので飲むのも簡単です。