加齢臭や更年期のにおい体臭に良い野菜や食べ物はあるのか

 

加齢臭はノネナールという物質が原因で起こります。
更年期のにおいは女性ホルモンの量が減って、じっとりとした汗をかくことが原因です。

 

加齢臭を対策するためには、加齢臭のもとになるノネナールが生産されるのを防ぐため、肉類の脂質を摂取するのを控えたり、活性酸素の量を減らす働きのある抗酸化作用のある食べ物を食べることが効果的です。

 

更年期の臭いの原因は

加齢臭や更年期のにおい体臭に良い野菜や食べ物はあるのか

 

ホルモンバランスの乱れと自律神経の乱れでサラサラとした汗がかけなくなること、大量の汗をかいてしまうことなどが原因です。

 

ですので、しっかりと汗をかける様に汗をかきやすくする食べ物、生姜を飲んだり多汗が続いた時にはポリフェノールを含んでいる梅干しや紅茶などを取って取ることが大切です。

 

多汗が続くと冷たいもの食べたくなりますが、冷たい物たくさん取りすぎると血行が悪くなって多汗症の症状が悪くなることがあるので控えたいものです。

 

加齢臭に良い食べ物

加齢臭や更年期のにおい体臭に良い野菜や食べ物はあるのか

加齢臭には活性酸素の発生を抑えるビタミンCやビタミンEが多く含まれているもの食べることが効果的です。

 

ビタミンCやビタミンEが多く含まれている食べ物は、パセリやブロッコリー、芽キャベツやピーマン、小松菜、ほうれん草などの緑黄色野菜、そしてにらやトマトなどにも多く含まれています。

 

ビタミンEが多く含まれる食べ物はアスパラガスやアボカド、かぼちゃ、さつまいもやほうれん草、大根葉などです。

 

梅干し

もう一つ加齢臭に良い食べ物があります。
それは梅干しです。

 

梅干しには有機酸が含まれていて有機酸には強い殺菌作用や菌を増殖抑制する作用、疲労回復効果、活性酸素を除去する抗酸化作用などがあって、その働きが強くなって起こる加齢臭を対策するのに最適な食べ物です。

 

そして梅干しにはクエン酸が含まれていてこれは代謝を活発にしてくれる作用があり、体臭自体を緩和することも期待できます。

 

緑茶

緑茶カテキンも優れた抗酸化作用があります。

 

元になっているのは緑茶のカテキン
カテキンには体内のにおい物質ができるのを防いだり細菌を殺菌したり抗菌作用も持っています。
そして緑茶に含まれているフラボノイドは消臭効果も優れています。

 

和食が大切

加齢臭の予防にはやはり和食が好ましいです。
というのは加齢臭のもとになるのはノネナールでの値段は日々の食事から取られる動物への脂質から作られるからです。

 

和食を食べることで脂っこい肉の油を減らすことになり加齢臭のもとになる脂質を減らすことができます。

 

そして和食に含まれているたくさんの野菜には抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEがたくさん含まれていて、ノネナールを生成するもとになってしまう活性酸素の働きを抑制してくれます。

 

それ以外に食事を食べる時の注意点としては、できるだけお米は白米を食べるのではなくビタミンEが含まれている胚芽部分のついている胚芽米を食べたり、雑穀を食べたりすること、食物繊維も豊富でさらに効果的です。

 

そして副菜には魚類や海藻季節の野菜や豆類を中心にとって行くことで加齢臭対策ができます。

 

特に大豆には強い抗酸化力のあるフラボノイド、イソフラボン、大豆サポニンなどが含まれているので積極的に摂りたいものです。