なぜ便秘するのか

朝便が出ない・便秘する方におすすめなレモン水!腸の働きを活発に

 

便秘をする理由に水不足があります。

 

水不足でなぜ便秘が起こるかというと、水分をとると大腸の便が水分をよく吸収してやわらかくなって移動しやすくなるからです。

 

そして水分で便の容積が増すと腸に刺激を与えて便意起こします。

 

逆に水分が不足してしまうと便からの水分吸収が過剰になって結果的に便が硬くなってしまいます。
水分の摂取は便秘解消にとても効果的です。

 

しかし同じ水分をとるのにしてもさらに効果を上げる方法があります。
それはレモン水です。

 

コップ一杯の水にレモンを絞ることでもっと便秘をしにくくすることができます。
朝、水を飲む時はコップに少しレモン水を垂らしてぐっと飲みましょう。

 

なぜレモン水が良いのか

朝便が出ない・便秘する方におすすめなレモン水!腸の働きを活発に

なぜレモン水が便秘に良いのでしょうか。

 

まず胃の中に水が入ってきて刺激を受けて腸が目を覚まして便を出す働きをすることを胃結腸反射と言います。

 

この胃結腸反射が起こって朝食後は便が出やすくなっています。
しかし便秘気味の人はこの胃結腸反射が鈍っていて朝便意をあまり感じません。

 

それで朝食を食べても便が出ないということになってしまいます。
レモンにはビタミンCがたくさん含まれていて、ビタミンCは腸の動きを活性化させる働きを持っています。

 

そしてビタミンCが腸内で分解されるときに発生するガスは腸の蠕動運動を良くしてくれるとされています。

 

つまり朝一杯レモン水を飲むことは水が便を柔らかくしてくれる効果、そしてビタミンCが超刺激する効果2つの効果があり効果的ということです。

 

痙攣性便秘の方には不向き

実は例外もあります。
それは便秘でも痙攣性便秘の方です。

 

痙攣性便秘というのはストレスや睡眠不足が原因で腸が活発に反応してしまい、痙攣状態になってしまい、それが原因で細い便が出るウサギの糞の様な便が出るなど便が硬くなってしまう状態です。

 

このような方にとってはレモン水は刺激しすぎてしまい逆効果になる恐れがあります。
そのような方は冷たいお水を飲むのではなくぬるま湯にレモン水を加えて飲むようにします。

 

便秘気味でおならの臭いや便の臭いが気になる方はこのようなレモン水で便秘を解消してみてください。