汗くさいなら肉を減らすべき?

お肉をたくさん食べると体臭が強くなる、肉料理を減らさないと体臭が消えない。本当なのでしょうか?

 

肉食が体臭に悪い理由

消化に時間がかかる

肉類には動物性のタンパク質や脂分が入っていて消化に時間がかかります。

 

肉を食べる欧米人と腸の構造が違う

もう一つが腸の構造の違い
日本人は草食系だったので、欧米人より腸が長いのです。

 

肉類は消化しにくく消化不良になる上、腸が長くて便がたまりやすい、これが体臭が強くなる原因です。

 

 

脂っこい肉を食べ過ぎると体臭がひどくなる

 

食べたもの以外のニオイは生まれません。
体は食べ物の栄養分で新陳代謝し維持されています。

 

食べ物の質でにおう体臭、臭わない体臭になるのは当然ともいえます。

 

そして体臭の一番の原因は汗腺や皮脂腺から出る「あぶら
あぶらを控えれば体臭は弱くなります。

 

しかし全く取らないと体のバランスが崩れて体臭の原因になるため、動物性の脂肪を減らして植物性の油を取るという努力が必要です。

 

また、サラダオイルは体の中で酸化してにおい物質のもとになってしまいます。
体臭を予防するには、オレイン酸という脂質が多いもの(オリーブオイルなど)がおすすめです。

 

良くない脂
動物性の脂肪

 

酸化しやすい油
サラダオイル

 

酸化されにくい油
オレイン酸を含む油
オリーブオイル

 

最善の油
アルファリノレン酸を含む
ごま油、しそオイルなど