腸の中を掃除できる食べ物とは

オリーブオイルや納豆・豆乳で腸を掃除!おならの臭いを改善

 

腸内細菌のバランスが悪くて腸の機能が衰えてくると、おならが悪い臭いになったり便に臭いがついたり便秘がひどくなったりします。

 

そのためおならや便の臭いを改善するためには、腸内で善玉菌が活発に働ける様に食事を整えたり環境を改善することが大切です。

 

腸内環境を良くする食生活のポイント

食物繊維を多くとる

オリーブオイルや納豆・豆乳で腸を掃除!おならの臭いを改善

食物繊維を多くとることが大切食物繊維は人間の腸の中では吸収することができないのでそのまま便となって排泄されます。

 

便の量が増えて排便をしやすくなるだけでなく水溶性食物繊維は腸の働きを良くしてくれます。

 

植物性脂肪を取ること

植物性脂肪の中でお得にオリーブオイルなどをしっかり取ることが大切です。

 

オリーブオイルはオレイン酸という不飽和脂肪酸がたくさん含まれていてこれにさんを短時間では小腸で吸収されにくく小腸から外に出やすいことが分かっています。

 

オリーブオイルを食べると大腸までその成分が届き腸を刺激して排便を促してくれる効果があるということです。

 

実際にイタリアではティースプーン一杯のオリーブオイル毎日摂取することが便秘予防に効果的といわれてきていて、下剤を使っている64人の慢性便秘症のかたに30ccのオリーブオイルを2週間食べてもらったところ62人はひざいの量を減らすことができました。

 

またオリーブオイルよく食べるイタリアでは結腸癌が少ないことも知られています。

 

便を柔らかくする水分をしっかりとること

便を柔らかくするためには水分をしっかりとることが大切です。
便は固形物が多いと思っている方もいるかもしれませんが、実は80%は水でできています。

 

残りの20%は食べ食べ物のかすや腸内細菌の死骸腸の細胞などです。
水をしっかり取ることはとても大切です。

 

ですが、水分であれば何をとっても良いというわけではなく利尿作用があるものは逆効果です。

 

例えばコーヒーや緑茶・紅茶のようにカフェインが含まれているものは利尿作用があってせっかく水分とっても尿として排出される働きが高まってしまいます。

 

ですので、カフェインが入っていない飲み物にします。
またアルコールは利尿作用があって水分補給にはならないのでアルコールを飲んだ後は特に番茶や麦茶などを飲むようにします。

 

腸の働きを良くするマグネシウムをとること

マグネシウムは腸管の働きを促してくれます。
マグネシウムは納豆などの大豆製品に多く含まれていて、納豆にはポリアミンが腸の中の滑り効果で便を出しやすくしてくれます。

 

本当は食べ物からマグネシウムを取る方が良いですが、マグネシウムはどうしても息してしまう方サプリメントで摂る方法はあります。

 

植物性乳酸菌を多く取る

最後が植物性乳酸菌、たとえば漬物に含まれている乳酸菌を摂取すること、動物園の乳酸菌を減らすことが大切です。

 

一日ですぐ腸内の環境が整うわけではありません。
毎日食事を改善することで少しずつ便秘や便臭などを改善していきます。