カテキンの消臭力

緑茶カテキン入りのタオルや入力で足の臭いを消す

 

緑茶にはカテキンという抗酸化力の高い殺菌作用の強い成分が含まれています。
このカテキンは院内感染の原因になる黄色ブドウ球菌を殺してしまうほどのパワーがあることが分かっています。

 

エアコンや空気清浄機などでカテキンフィルターという言葉を見たことがないでしょうか。
このように緑茶には天然の抗菌作用が含まれているのです。

 

足の臭いにも同じことがいえます。
足の臭いの原因は足の常在菌が大量に繁殖してしまい、汗や垢を分解して悪臭のする物質を作ってしまうことで起こります。

 

つまりお茶の強い殺菌力でこの常在菌を退治でき、足のニオイを小さくすることができます。
さらにカテキンには水虫と原因となる白癬菌に対する効果も研究されて、実際に現場で効果が認められています。
水虫も足の臭いの原因なりますので、水虫がある方はなおさら効果的です。

 

緑茶カテキンの使い方

それではどうやって足に使えば良いのでしょうか。
まず手軽にできるのはカテキンタオルです。

 

カテキンタオル

洗面器に1.5リットルの80度くらいのお湯を入れて、緑茶大さじ3杯入れます。
お湯が40度から45度ぐらいになるまで待ちます。

 

そしてそこにタオルを浸して軽く絞ります。
そのタオルで足の裏足の指を丁寧に拭いていきます。
1日に3回繰り返します。

 

それそれ以外にこの緑茶のお湯に足を5分ほど浸して、指で足の裏や足の指をマッサージする事で匂いや水虫の効果が期待できます。

 

お茶の足湯

また出がらしのお茶10gから15g集めてストッキングに入れて、5分ほど浸たし成分を良く揉み出してお風呂に入れるという方法もあります。

 

注意点は緑茶の色素が沈着しやすいこと。タオルや浴室に色がついてしまうので浴槽をまめに掃除したりタオルは色がついても良いものを使ってください。