多汗とワキガに効くデオドラント剤・制汗スプレーの選び方と注意点

多汗とワキガに効くデオドラント剤・制汗スプレーの選び方と注意点

 

デオドラントはワキガのにおいや汗を止めるために使われる一般的なケアグッズで5つの効果があります。

 

  • 汗を抑える
  • 雑菌の繁殖を抑える
  • においを消臭していく
  • 香りでマスキングする
  • 汗を拭き取る

市販されているデオドラントはこのような五つの作用をうまく組み合わせて作られています。

 

デオドラント剤の選び方にはコツがいります。

 

まず防ぎたい臭いがワキガ臭なのか、それとも多汗で汗臭いのかという点
この二つの点で重視する項目が異なります。

 

多汗や汗臭さを抑えたい

多汗や汗臭さを抑えたい場合はスプレータイプやパウダータイプなど、さらさらとしたものがお勧めです。
急に汗をかいてしまった場合は汗拭きシートが効果的です。
多汗からくる臭いには制汗作用の強いものという視点で選ぶべきです。

 

殺菌作用の強いものは皮膚のかぶれや黒ずみの元になってしまいますので、まずは制汗力が強いものを選ぶようにしましょう。

 

わきがの臭いを抑えたい場合

重症の場合はへたにデオドラントを使うと臭いが悪化してしまうことがあります。
ですので、あくまでも軽い腋臭を一時的に抑えたいという時に使うものです。

 

スプレータイプのデオドラントにはアポクリン腺の汗を抑制する効果が弱くワキガ臭にはあまり効果がありません。
腋臭は汗を抑えるだけでなく殺菌作用の強いもので雑菌の繁殖を抑えることがポイントとなります。

 

ワキガには抗菌殺菌作用が強い皮膚に直接塗るタイプのロールオンタイプやスティックタイプ、クリームタイプの方が効き目があります。

 

そしてわきがの臭いで困っている方は無臭・無香料のものを選ぶことが大切です。
ワキガのにおいとデオドラントの香りが混ざると嫌な臭いになってしまうことがあり逆効果です。

 

使いすぎに注意する

デオドラントの使いすぎには注意しましょう。
基本的なコツは部分的に使う短時間使うということです。

 

デオドラント剤を使うと汗腺を塞いで一時的に汗を出さなくします。

 

ですが、デオドラント剤を塗り続けていると広範囲の汗腺を長時間塞いでしまうことになりそれは逆に悪影響を及ぼしてしまいます。
皮膚が過敏な方は殺菌成分に負けて皮膚トラブルを起こしてしまう方もいます。

 

そのため外出から帰った後はすぐに洗い流したり、濡れタオルで拭き取るなど早く制汗スプレーを洗い流すことが大切です。