トイレの臭いが気になる女性には薬用炭とヨーグルトがおすすめ

トイレの臭いが気になる女性には薬用炭とヨーグルトがおすすめ

 

なかなか人にいいづらい悩みがデリケートゾーンの臭いです。

 

デリケートゾーンの臭いは一日中、きついズボンやストッキングなどを身につけていると臭いがこもって蒸れて鼻に付くことがあります。

 

特に20代では何てことなかったのに、30代40代になるにかけて少しずつ陰部の臭いが鼻につく様になってきます。

 

デリケートゾーンの臭いの原因

デリケートゾーンの臭いの原因は何なのでしょうか。

 

婦人科の先生の話によると、女性の膣内は外部からの雑菌の侵入を防ぐためデーデルライン桿菌という殺菌力の高い菌が生息しています。

 

これは乳酸桿菌のひとつで正常な場合は少しすっぱい状態に保つことで外部からの雑菌の侵入を防ぎます。

 

ですが、過食をしたり無理なダイエットをしたり、疲労やストレスなどを蓄積すると体の抵抗力が落ちて、免疫力の一つである乳酸桿菌の力が落ちてきて殺菌能力が低下します。

 

そうすると雑菌が増えて悪臭の原因になってしまいます。

 

ストレスや無理なダイエット、不規則な生活が体に悪いことはわかっていても仕事が忙しかったり体調管理が難しくてつい食べ過ぎてしまったり、食事を我慢してしまったりすることがあります。

 

そうしたらどうすればいいでしょうか。

 

ヨーグルトを塗る

トイレの臭いが気になる女性には薬用炭とヨーグルトがおすすめ

ひとつめにヨーグルトをデリケートゾーンに塗る方法があります。
ヨーグルトにはビフィズス菌など乳酸菌が含まれていてそれがデリケートゾーンの力をサポートしてくれます。

 

入浴後に小さじ一杯程度のヨーグルトをデリケートゾーンに塗ると少しずつ臭いが緩和してくれるそうです。
牛乳にアレルギーがある方は別ですが、牛乳にアレルギーでない方は一度試してみる価値があると思います。

 

化粧用の炭

トイレの臭いが気になる女性には薬用炭とヨーグルトがおすすめ

もうひとつの方法は炭を使うことです。
夏は蒸れて自分でも臭いが感じられます。

 

他の人にも臭いが知られると恥ずかしいです。
その時に炭の化粧水を使います。

 

元々は肌のお手入れをするためのものですが、炭にはたくさんの穴があって冷蔵庫の臭いや靴の臭いなどを吸収してくれる力があります。

 

そしてそのような炭は皮膚につけたりするものではないのでデリケートゾーンにつけると不安ですが、化粧用の炭であれば顔につけることもできますので、デリケートゾーンに安心して使えます。

 

入浴後に軽くすみの化粧水をつけるとすぐには効果がありませんが、1ヶ月ほど経つとだんだんと臭いが目立たなくなっていきます。

 

炭にはごく小さな穴がたくさん空いていて、その中に水分や臭いなどの物質が吸着されることが分かっています。

 

これが冷蔵庫や靴の臭いを取る脱臭剤として使われるわけです。
デリケートゾーンの場合もこの穴ににおい物質が吸収されることで臭いを緩和することができます。