制汗スプレーで治らないワキガは手術や電気凝固法で治せる

 

ワキガが強い場合市販のデオドラントを使ってもなかなか効果を得られません。

 

におい付きのデオドラントを使うとかえって強い臭いになってしまうこともありますし、エクリン腺からの汗を止めることはできてもアポクリン腺からの汗がなかなか止まらなくてどうしても臭いがしてしまうと悩んでいる方も多いでしょう。

 

その場合は手術でアポクリン腺を取るか電気凝固法やボトックス注射で一時的なざわ永久的なワキガの治療ができます。

 

ワキガの手術による治療

制汗スプレーで治らないワキガは手術や電気凝固法で治せる

 

まず永久に治すためには手術で臭いの原因になっているアポクリン汗腺を取り除く必要があります。

 

ワキガの手術は色々な方法がありますが、医師が部位を直接見ないで機械に頼って行う非直視下手術法、医師が部位を直接見ながら自分でで手術をする直視下手術法二つに分けることができます。

 

医師が部位を水に行う方法は早く治療できる傷跡が目立ちにくくなるというメリットがあります。

 

代表的なものには皮下組織削除法と皮下組織吸引法という二つの方法があります。

 

削除法は切開してアポクリン腺をかき出すやり方で、吸引法は美容外科で使っている脂肪吸引と同じように吸引機でアポクリン腺を吸引するものです。

 

直視下手術法

直視下手術法は医師が直接手術する部位を見ながら自分の手でアポクリン腺を取り除いていきます。

 

剪除法は今一番行われている方法です。
この方法は皮膚はそのまま残して皮下組織だけを切り取る方法でアポクリン腺と皮脂腺を取り除きます。

 

取り残しが全くない再発の心配がない治療法は直視下剥離法で皮膚と脂肪層から完全に汗腺を剥がしてアポクリン腺が残る心配がなくなります。

 

どの方法も良い点と悪い点があるので、自分の状況に応じて医師と相談して決めていく必要があります。

 

ボトックス注射や電気凝固法

わきが強くてデオドラントだと効果がないけれど手術をするまでもないという方がいるでしょう。

 

そのような場合は手術の一歩手前の治療方法である電気凝固法やボトックス注射などがあります。

 

電気凝固法

電気凝固法は脱毛してわきが抑えることができる方法で高周波電流を通した細い電極を脇毛一本一本にさして組織を熱で固めてしまうというものです。

 

この方法で行うとワキガの原因になってしまう皮脂腺アポクリン腺が処理できるのでにおいが軽くなります。
そして脱毛も同時にできます。

 

傷跡は残る心配がありませんが、アポクリン腺が残ったままになってしまいますので、いつかはまた再発してしまいます。

 

ボトックス注射

ボトックス注射はワキガ以外に多汗症でも行われている方法でボツリヌス菌の毒素を無効化したもので美容整形などでもよく使われる者です。

 

これを脇に注射すると汗の量を6割から7割減らすことができます。

 

ワキガの原因も多汗症の原因も汗が出るということですから、汗を6割から7割減らすことでワキガのにおいもそれだけ減らせるということです。

 

その効果は残念ながら半年ぐらいしか続きません。

 

ですが、手術ほど大掛かりなものではなくデオドラントよりも効果がありますので、汗がびっしょりになってしまう、ワキガ臭を軽減したいという方は検討してみる余地があると思います。